ソムリエ資格からワインコンサルまで。
六本木駅近のワインスクール

 

ワインの資格って? ソムリエ

野菜ソムリエや温泉ソムリエ・・・、そもその「ソムリエ」とは、フランス語で「ワイン専門の給仕人」という意味ですので野菜や温泉にはそぐわないものですが、「ソムリエ」という単語がポピュラーになったのも、日本の中でワイン愛好家が増え、家庭でも気軽に消費されるようになり「ワイン」が身近になったからでしょう。
お食事の場所にブドウのバッチを付けたソムリエさんがいらっしゃると、「このお店は、ワインにこだわりがあるんだな」と思われる方も多いかと思います。

そんな「ソムリエ」資格ですが、酒類飲料業界に携わる就業の経験が3年以上あり、なおかつ現職であることが受験資格となります。過去のアルバイトなどのご経験も職歴に入ります。昨年から、ワインアドバイザー職もソムリエに統一されました。


【実際の試験内容】
実際の試験は、筆記試験(マークシート選択式)の1次試験、テイスティング&論述試験の2次試験、そしてサービス実技の3次試験です。
昨年より、2次試験に「論述」が加わり3次試験が日程を変えて行われるなどの変更がありました。
これは、「お客様にサービスする」立場ということをより明確にした変更点と言えるでしょう。

【どうやって勉強するか?】
受験資格から見えるように、現職の飲食業界に従事される皆さんが多くチャレンジされるので、みなさん「時間が無い」「休みが少ない」という共通のお悩みを持っています。実際にワインに触れる機会は多くあっても、筆記試験対策の時間の捻出に苦慮されています。
教本は分厚く、出題範囲も広く、覚えることが多い・・・それで先延ばしになったり、あきらめたりという方も少なくありません。
確かに勉強は大変です。努力なしには得ることのない資格です。但し、1次試験の過去の出題傾向を見てみると、よく出る箇所は集中しています。ポイントを絞って効率よく学習する方法はあるのです。

【藤代ワイン塾の2つの攻略】
藤代ワイン塾では、2つの資格取得対策コースをご用意しています。
一つは、時間のない方に最適な【まずは1次試験突破を目指す】隔週のコンパクトなコース。
もう一つは、【2次試験対策まで完全に網羅する】毎週コース。
ソムリエを目指す方は、ワインに触れる機会も多いのでまずは、【1次試験】を突破していただくことが大きなポイントになります。
コンパクトなコースでは、実際のテイスティングは実施しませんが、テイスティング能力を自習していただくテキスト等をお渡しいたしますのでご自分のペースで学習を進めていただけます。
【1次試験】を突破してからでも2次対策は十分に間に合います。

★銀座・原宿 隔週コンパクトなコース ★銀座・原宿 【無料】体験セミナー
★六本木 毎週完全網羅コース ★六本木 【無料】体験セミナー
【論述対策について】
昨年度より、「論述」試験が追加されました。旧アドバイザーの口頭試問&お客様と対峙したときの想定問題を記述する内容です。そんなに恐れる内容ではありませんが、「記述」で解答する癖をつけておくと良いでしょう。昨年度は、藤代ワイン塾で作成した「論述対策テキスト」から1題出題されました。

3次試験の「サービス実技」については、2次試験が終わってからでじゅうぶん間に合います!
まずは、【1次試験突破】を目指し、着実に歩を進めて行きましょう!

まずは、【無料体験セミナー】へお越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*