ソムリエ資格からワインコンサルまで。
六本木駅近のワインスクール

 

合格者の声 ②

鯉江 浩子さん
2018年ソムリエ取得

今も昔も「憧れの職業」のひとつに必ず挙げられる、客室乗務員。華やかなイメージではありますが、実際は機内サービスから保安管理など体力も神経も使う責任の大きなお仕事です。当スクールでも毎年、生徒さんとしてご縁がありますが、時差をまたいだ多忙なスケジュールの中、学習時間を捻出されるのは大変努力を要することです。いつも柔らかな笑顔で教室にいらしてくださっていた鯉江さんですが、空港から直行されたりしたこともあり、その努力には頭が下がる思いでした。「資格取得のための学習」に、最初は戸惑われていた部分もあったようですが、早い段階でご自分のペースを掴み、順調に進んでいかれました。その後の2次試験、3次試験についても、素直でまじめに取り組まれる姿勢が素晴らしく見事一発でソムリエ資格を取得されました。第一線でご活躍されている鯉江さんの「合格者の声」をぜひご参考になさってみてください!私たちもいつの日か、空の上で鯉江さんにお目にかかれる日を夢見ております!

【わたしの勉強方法】

自作のノートを作って、仕事の時も休みの時も何処へ行くにも持ち歩いていました。 地図なども手書きで書いて、自分なりに場所やポイントを把握できるようにしていました。 またイタリアのDOCGを覚える為に、先生のアドバイス通りカルタを作って、こちらもいつも持ち歩いていました。 私は家では集中できないタイプのため、図書館やカフェで勉強をしていました。 最初は自分の勉強のペースを掴むのが大変でしたが、毎回の小テストを目標に勉強を進めました。 今年から大幅に試験内容が変更となり、1度目に受験した時は絶望しましたが、先生から頂いた情報をもとに再度覚え直すつもりで勉強しました。 覚える量も膨大で、時間もなく焦りもありましたが、先生に頂いた情報のおかげで合格できたと思います。

【1次試験から3次試験まで】

1次試験を突破した後も、2次3次と私にとってはとてもハードルが高かったです。 2次のテイスティングも、最初は全く当たらず、どうしようと不安になる事ばかりでしたが、先生のテキストを持ち歩き、香りや品種ごとの特徴などを暗記する事で克服できました。 3次の実技は普段の業務とは異なる点ばかりで戸惑いましたが、先生に頂いたアドバイスを思い返し、家でも何度も練習し何とか合格できました。

【ワインスクール】

スクールに通うかどうかですが、私は通って本当に良かったと思っています。 自分ひとりでは勉強にペースを掴むのも難しいと思いますし、一緒に頑張れる仲間に出会えた事が本当に励みになりました。 私は途中入校だったので、皆さんに追いつくまでに時間がかかりましたが、先生が補講をして下さったり、メールなどでフォローして下さったのでなんとか合格できました。 本当にワインクリンクスを選んで良かったと思います。